何らかの発明や技術開発に携わっている人、あるいはそういう人が出て来るフィクションなどでは、「これで特許を取って特許使用料で食っていく」ということが、半分冗談、半分本気で語られたりします。
また、巷に売られている数々の商品の中には「特許申請中」「特許出願中」などと謳ったものを度々見かけます。

でも、特許申請中ってどういうことでしょう。特許が認められたということでしょうか。
特許申請はお金がかかるとか、非常に面倒であるということもよく聞きます。実際のところはどうなのでしょうか。
また、特許使用料ってどういう仕組みでもらえるものなのでしょうか。
特許の仕組みや特許申請について、一般人で詳しく知っている人は少ないかもしれませんが、自分が、特許として認められた技術を使ったり、あるいは発明してしまう側に回ることも、まるっきり考えられないわけではありません。
また、特許が取られている技術であるのに、それとは知らずに使用してしまい、特許侵害となるケースも、もしかしたらあるかもしれません。
特許申請や特許侵害など、特許にまつわるあれこれは、詳細をあまり知られていない割にはよく見聞きする言葉ですから、知っておいて損はない知識です。

話題のサイト

特許申請について知るならこちら|ライセンスバンク
商標登録のことについて相談するなら|ベリーベスト法律事務所